痛風とは:痛風の症状・治療・薬など体験記 > 痛風とは > 痛風とは


痛み・関節

痛風とは

痛風とは

酒を飲んだ直後に、右足に鈍痛を弱く感じる
尿酸」は pH7.4、37.0℃、6.4mg/dlで飽和に達すると言われているが、体液中では蛋白と結合し、この濃度を超えても、すぐに析出、沈着することはない。
痛風発作は結晶が沈着しやすく、剥がれやすい関節に起こることになり、足の足親趾の付け根の関節に起こりやすい理由として次の2つが考えられる。


痛み

<<痛風の治療 | 痛風とは:痛風の症状・治療・薬など体験記トップへ | 痛風,腰の痛み,プリン体>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。