痛風とは:痛風の症状・治療・薬など体験記 > 痛風 症状 > 痛風,腰の痛み,プリン体


痛み・関節

痛風 症状

痛風,腰の痛み,プリン体

痛風は体内に「尿酸」がよぶんにたまることで起こる病気である。

「尿酸」は体内細胞の老廃物で、主として「プリンヌクレオチド」という物質で出来ています。「プリンヌクレオチド」は略して「プリン体」と呼ばれています。通常は体内で分解され老廃物となります。しかし 「尿酸」が異常に増えて「高尿酸血症」と呼ばれる状態になると、なかなか治りにくくなる。
 
  慢性化した痛風を治療せずに放置しておくと、腎に「尿酸」が沈着して機能が低下し(痛風腎)、腎不全へと進行する。その他、痛風患者は心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を促進したり、尿路結石など種々の合併症を伴いやすい。
アルコールも痛風には良くない飲み物です。カロリーが高く、短時間に吸収されるためです。特にいけないのが、運動後の飲酒です。運動によって細胞のエネルギーの消耗が進んだところに、アルコールで追い討ちをかけることになります。

ヒトには尿酸分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、尿酸は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が尿酸である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。

痛み

<<痛風とは | 痛風とは:痛風の症状・治療・薬など体験記トップへ | 痛風の原因はいろいろ,痛風に付随する病気は>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。