痛み・関節

もしかして痛風

痛風の原因はいろいろ,痛風に付随する病気は

夜寝ている時に突然痛みだし、朝は右足で立つことはできないくらいに痛みです。前日に足を捻った、ぶつけたことはなく腫れもありません。
 アルコールの習慣、肉類などプリン体の多い食品のとりすぎ、高血圧患者に対する降圧利尿剤の使用頻度の増加などが最近の特色です。40 歳から50 歳代の活動的で肥満型の成人男性に多く、発症年齢は低下してきています。女性は男性の5% 以下で、閉経後の発症が主です。
 ところが、激しい痛みも早くて1日で消えてしまい、後遺症ものこりません。だからといって安心してはいけません。それは発作がおさまっただけで、治ったわけではないのです。放置すると必ず再発します。痛風と思ったら、直ちに病院へいき、正しい治療をうけましょう。
 通常はないはずの結晶が溜まることで炎症を起こし、激烈な痛みが起こります。このように尿酸の血中濃度が高い状態を「高尿酸血症」と言います。
 例えば、食物として摂取するプリン体の量が多ければ尿酸はたくさん作られますし、腎臓の機能が低下すれば尿酸の排泄が少なくなります。
 また、尿酸値が高いということは体の代謝に異常があるということですから、放置すれば痛風関節炎以外にもいろいろな問題(尿路結石や腎障害、他の生活習慣病の合併など)を抱えることになります。
 血清尿酸値が高いほど短期間の内に痛風になる可能性が高いので、高尿酸血症の方は血清尿酸値を正常範囲にコントロールし続けることで、痛風発作や腎障害・動脈硬化の進展などを防ぐことができます。

もしかして痛風

痛風の痛み 痛風は足の指や足首が痛い

痛風発作が 1回のみで、血清「尿酸」値も 7.0r/dl前後であれば生活指導のみを行う。高「尿酸」血症のみで痛風発作のない無症候性高「尿酸」血症には、生活指導のみを行うが、血清「尿酸」値が常に 9.0r/dl以上で腎機能の低下があれば、次の製剤による薬物治療を考慮する。
食事の量が極端に少ないと血液中の「尿酸」値は上昇し、高脂肪食に偏るとさらに上がります。痛風に極端な食生活は禁物で、野菜たっぷりのヘルシーな和食がおすすめです。
尿酸」は血液に溶けにくいので、余分なものは結晶になって、関節や腎臓にひっかかり痛みを引き起こします。痛風は読んで字のごとく、風がさっと当たるだけでも痛いものです。痛むところは足の親指の付け根が最も多いのですが、足首や膝の関節などが痛むことがあります。痛むところはたいてい一箇所です。
「高「尿酸」血症」の目安として「尿酸」値の基準値が、平均的に男性は4〜7mg/dl、女性は3〜5mg/dlが正常値となります。7.0mg/dlを超えると高「尿酸」血症と診断され、痛風になる確率が高まってきます。
そんなことから「痛風」が勃発する要因となる原因はプリン体が多く含まれる食事をたくさん摂りこむことで体内でプリン体が「「尿酸」」になる量が異常に多くなった場合や「「尿酸」」を排泄する機能「尿・便」がうまくいかずに蓄積してしまうことと言えます。暴飲暴食・アルコールの飲みすぎはプリン体の量を増やす要因になるし、運動不足・ストレスは排泄機能を妨げる原因になります。(特にビールにはプリン体が多い)



 「尿酸」排泄促進剤の使用は、尿中「尿酸」量を増加させるため、尿量の減少や pHの低 によって、「尿酸」の不溶性を増し、結晶析出や腎組織(特に髄質間質)への「尿酸」の沈着を起こし、「尿酸」結石や腎障害をきたす。また、痛風を放置すると痛みが激しくなり、皮膚や関節に結節ができ、腎不全にまで進行する。

もしかして痛風

痛風発生2日目

次の日,7時半に目を覚ました。左足に鈍痛がある。「ええっ,あの痛みがまだ残っている」しかし眠気から覚めるにしたがって,その痛みの激しさといったらない。「おいおい,ちょっと待ってくれよ,この痛みはなんだ!」体を左に向けて,左足を布団にゆっくりと着地させても痛い,逆に宙に浮かせても痛い,右足の上にそっと載せてもいたい。どんな状態であっても痛い。ある角度で,比較的マシな角度であったても数秒後には痛みが始まる。「もしかして痛風?」「いやいやそんなことはない。それほどオジンじゃない」しかし痛い。「これが痛風の痛みか」いやいや認めたくはない。「これまでこんな痛みを受けるほど,贅沢などしていない。痛風は贅沢病だというじゃないか」
やっとのことで起き上がり,普段の何倍もかけて浴室に行き,掛かり湯もなく湯船につかる。しかし痛みは全くほぐれない。普段の痛みとは違う。なんだか,あせりが生じてくる。

もしかして痛風

もしかして痛風 痛風第一日

その日は,6月の最終土曜日,車で取引先廻り。「昨日はちょっと飲みすぎたかなあ」以前から尿酸値が高いことは知っていた。平均8.5,医者に言わせると「痛風が出ないことがおかしい」
これが私の自慢であった。

しかし,深酒をした次の日などは足首に ちょっとした違和感を感じることが時々会ったが,夕方頃には納まって,又の見に行くというのが,日課であった。

この日も朝からそんな違和感があった。でも又直ぐに納まるだろうと思い,しかし念のために,その日は早く家に帰って,風呂に入った。
ゆったりと湯船につかっていると,体全体から疲れがとれる思いである。「うーん 極楽 極楽」気になっていた左足首のほうはというと,これまた痛みがほぐれている。「うん,まだまだいけるぞ」と勢いよく,風呂から上がった。

家ではあまりお酒を飲まない主義で,この日も早めの夕食を取ってソファーでTVを見ていたら,まだ 九時にも関わらずウツラウツラとし始めた。次に気が付いたのは 夜中の11時,ソファーから立ち上がり 寝間に行こうとしたが,左足首が痛くて痛くて歩けない。しかし頭はまだ ボーっとしているので何とか歩いてリビングを横切り,寝間にたどり着きそのままバタンキュー。夢うつつの中で,「明日朝 もう一度湯船につかれば治るだろう」と思いつつ,寝込んでしまった。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。