痛み・関節

痛風とは

痛風とは

酒を飲んだ直後に、右足に鈍痛を弱く感じる
尿酸」は pH7.4、37.0℃、6.4mg/dlで飽和に達すると言われているが、体液中では蛋白と結合し、この濃度を超えても、すぐに析出、沈着することはない。
痛風発作は結晶が沈着しやすく、剥がれやすい関節に起こることになり、足の足親趾の付け根の関節に起こりやすい理由として次の2つが考えられる。

痛風とは

痛風3日目;クリニックの選択

月曜日,家の近所にはロクな医者がいない。ある程度 信頼できそうなクリニックは満員で,待つのに時間がかかる。患者達はよく知っている。

会社は官庁街にあるので,時間の短縮を図るには 官庁街のクリニックに行くしか仕方がない。

取り敢えず,自動車で会社まで行った,左足で助かった。オートマチック車の場合 左足は使わない。比較的 楽に運転でき,30分ぐらいで会社に着いた。

車から降りてからが,大変だ。一歩一歩と痛いのを我慢してようやく自分の席にたどり着いた。

その途中 会う人ごとに「どうしました?」「いや,ひどい捻挫で」「大変ですね,お気をつけて」「どうもありがとうございます」の繰り返しである。仕方のない話だ。

 ところで,最近はどこのビルも 大抵 バリアフリー仕様となっている。例に漏れず 私の会社のあるビルもそうだ。 で,こんなときには本当に助かる。

特に トイレ。

足首が悪いのでしゃがみこむことができない。ビル内の男性用トイレのほとんどは,和式であるが,一箇所だけ洋式がある。そこは少し離れているのだが,仕方ない,そこまでビッコを引きながら歩いていくしかない。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。