痛み・関節

痛風 予防

痛風の薬 いろいろアドバイス

ロキソニン,インフリーは筋肉の炎症を抑える薬である。セルベックスはそれらの薬によって胃の粘膜をやられてたら,それを保護・修復する薬,ありなみんFはビタミンB1筋肉痛,関節痛に効く薬だが,まああまり関係ないか。

それより,友人に調剤薬局をしているのがいる。私の場合 友人に処方箋を持っていき,薬を買っている。この方が信頼性があるし,いろいろな説明を聞いて納得ができる。今回,このクリニックでこのことをはなしたら,女医は「内では院内処方ばかりで院外処方はやっていません」ときた。やっぱり、薬でも儲けているんだなあ・・

まあ,仕方ないから薬を受け取り,友人に電話して,薬の相談に乗ってもらったら,「痛風?おまえはまずは食生活の改善からだなあ,薬?ロキソニン? そんなもんだよ」と軽くいなされた。
まあとりあえず、これらの薬を飲んで、とにかく今の状況を改善しなければ 何もする気が起こらない。

ということで、これらの薬を続けて飲むことにした。自分としたらあまり薬は続けたくない気がいっぱいなのだが。。。

痛風 予防

痛風;わらにもすがる思い

最近のレントゲンは直ぐに結果が出る。と言うより,このクリニックは 結構 長く経営しているにも関わらず,機械は新しい。
よほど、儲けているのか?(うーん そんな感じ)

レントゲンは自現機と連動で直ぐに現像される。「骨は大丈夫ですね,やはり,痛風の症状でしょう。血液検査は明日結果が出ますから,結論は明日にしましょう」「でも先生,この痛みはどうしようもないのですが」「はいはい,それは薬の強力なので押さえ込みましょう,取り敢えず,温熱治療をして下さい」

と言うことで,温熱治療をし,またまた 待たされて,薬を一週間分頂き,3950円を払って帰った。


薬は,ロキソニン,インフリー,セルベックス,アリナミンFの4種類である。会社に戻り,食事をして急いで薬を飲んだ。
なんと,それから2時間ほどしたら,痛みの40%は解消,4時間ほどで痛みの80%は解消した。

痛風 予防

痛風 何とかしてほしい この痛み

クリニックで待つこと40分,整形外科専門のこのクリニック ほとんどの患者が「温熱治療」の患者である。

「おいおい温熱治療などお風呂で直せよ」などとわがままなことを考えていたら,「痛風?の痛み」がますます増してくる感じがする。

「これは天罰か。何か悪いことデモしたのだろうか」などとイランことを考えながら,やっとお医者さんに呼ばれた。お医者さんは40前くらいの女医である。白衣の下にスパッツと言うかパンストの足首からしたのないのを穿いている。しかもグレイ色である。お世辞にも色っぽいとは言えない。(キッパリ)

「なんだ,オッサンのパッチじゃないか」と思いながら,その前に座る。これまでの経緯を話したら「尿酸値は高いほうですか?」「ええ,多分」「じゃあ,痛風ですね,念のためにレントゲンと採血をします」とこともなげに言われた。

何だかとっても悔しいので「血液検査に,γGTPも入れておいてください」と思わず口に出した。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。